Console Louis 16 
ルイ16世ゴールドコンソール
こちらは18世紀、およそ1780年に作られた大変素晴らしいゴールドコンソールです。

1780年と言えば約230年前、マリーアントワネットが現役王妃だった時代。当時の公爵や伯爵貴族のサロンで使われていたものと思われます。
ピンクの大理石の下では立体的に捻られたツイストリボンがそれぞれのジャンクションを繋ぎ、そこからは生き生きとした花の ボリュームたっぷりなガーランドが垂れ下がっています。
ルイ16世様式の特徴である、直線的であばらのような彫りが入った脚はさらに葉で飾られ、その脚をつなぐクロスピースにもまたローレルの葉、水瓶、花のガーランドがほどこされています。
これ以上どこに装飾する場所があるのかと言いたくなるほど、隅々まで非常に細かい装飾で飾られています。
フィニッシングにはMeudon white(石膏)、Armenian bole (粘土)、そしてゴールドが使われているようです。
ガスも電気ももちろん機械もない時代、全て手作業で彫り出した職人の技術にため息がでますね。
歴史の教科書や映画で見るような煌びやかな世界に、実際に存在していたこちらのコンソール。あなたも貴族の空気を感じてみませんか?

タイプ: コンソール
スタイル: Louis XVI
輸入国: France, circa 1780
ボディ: オーク
表面: Meudon white/Armenian bole
仕上げ: ゴールド
サイズ: 横幅: 96 cm, 奥行: 43 cm, 高さ: 83 cm
商品番号: LPC192/ Sold out
税込価格: - 円

在庫店舗: ブティック

ロホン フィリップ クルエ
アンティーク家具・雑貨
〒230-0052 神奈川県
横浜市鶴見区  生麦5-8-22
駐車場有
最寄り駅:京急線花月園前
お電話でもご注文頂けます:
045-294-3243/080-7133-0077
(毎日9:30時~21:00時)
  メールでもご注文頂けます: laurent@laurentcluet.com